KIDS CANYONING® キッズキャニオニング®

キッズキャニオニング


ボートも道具も使わずに、その身ひとつで渓流へ冒険に出かけます。泳ぐ、飛び込む、流れる、そして空を見上げる。
川の一部となって全身で自然を感じること、それがヨーロッパ発祥のアウトドアスポーツ、キャニオニングです。
じっくり景色を堪能したり水中の魚を見たり、スライダーで遊んでみたりと、体力に自信のない方や小さいお子様連れでも安心して楽しめます♪
コース内一番の絶景ポイント、溶岩からなる「三段の滝」を見ながらの飛び込みは爽快感抜群です!

冷たい渓流を楽しむ秘密 SELAND

ノースツアーのキャニオニングフィールドである横行(よこいき)溪谷は透き通った清流です。とっても水が美しいかわりに、大人もビックリするくらいとっても冷たい!この溪谷で、体脂肪が少なく体が小さいお子様もできるだけ寒がらずにたくさん遊べるように、ノースツアーでは特別なウェットスーツをご用意しています。キャニオニング発祥の地である本場ヨーロッパのスペインから、キャニオニング専用のウェットスーツを直輸入。動き回るための機動性を大事にしたデザインでありながら、5mm厚のロングジョン(つなぎ)+5mm厚のジャケットがお子様の体温を守ります。

日本で市販されているウェットスーツは、海用だと1mm~3mm厚、川用として売られているものでも3mm~5mm厚がほとんどです。寒くてあんまり遊べなくなっては意味がない!お子様のためのこのウェットスーツ、2018年シーズンから導入いたします!
※主に小学校低学年のお子様がこちらのウェットスーツ適用になりますが、身長や体型によってこちらではなく大人用のウェットスーツになる場合があります。


持ち物
水着 タオル
◎ウェットスーツ、リバーブーツ、ライフジャケット、ヘルメット、手袋、その他必要に応じた用具は全て無料で貸し出しいたします。
◎川の中でコンタクトレンズを紛失する恐れがあります。使い捨てのものをご用意いただくか、ゴーグル等をご持参ください。


詳細
¥6,000/人 小学生¥4,000/人

装備レンタル込 保険料込 手話OK 写真データ販売あり


■年齢 小学1年生から
■実施期間 7月〜9月中旬
■所要時間 約3時間(着替え/移動込)
■集合 午前ツアー9時 / 午後ツアー13時30分(9月は10時スタートのみです)
■集合場所 ノースツアー
■定員 12名〜16名程度


注意事項
●当社安全基準により安全なツアー催行ができないと判断した場合には、前日もしくは当日の朝に中止連絡をいたします。予めご了承ください。
●小学生であっても、身長が110cmに満たないお子様がいる場合は必ずご予約前にご相談ください。

過去の中止率

午前17.1% 午後29.0%

せっかく計画した楽しい旅行だということは承知しておりますが、アクティビティを中止することは珍しいことではありません。もちろん意地悪ではなく安全を優先してのことですので、どうぞご理解ください。台風などの災害により多少の数字の上下はありますが、過去のすべての年において午後の中止率の方が高くなっているのには理由があります。キッズキャニオニングのフィールドは高い山のそばなので、夏場の晴れた日には、早ければ13時ごろから夕立(ゲリラ豪雨)が発生することが度々あります。そうなると、キャニオニングコースは1時間以内に濁流になってしまいます。集合していただいた時点で雨が降っていなくても、雨雲の量と風向き、天気予報を見て中止にすることがあります。

ウェットスーツの中に着る水着、ラッシュガードについて

水着について

体温を守るため痩せている方ほど体型にピッタリのウェットスーツを着ていただきますが、そのぶん着用が大変です。とくに小学校低学年で痩せ型のお子様、力の弱いお子様はウェットスーツを着るのに苦労する場合がございます。ラッシュガードを着ていると滑りがよくウェットスーツを着るのがスムーズになりますので、わざわざ買い足していただく必要はありませんが、ラッシュガードとラッシュレギンスがあると便利です。逆にあまりオススメできないのは、フリルや飾りが多かったりオーバーサイズのデザインの水着やラッシュガードです。ウェットスーツの中でよれてしまうので気になったり痛かったりする場合がございますので、心配な方は当日ご相談ください。

ご予約

クレジット決済ができるのは予約フォーム送信時に選択していただいた場合のみです。当日店頭でクレジットカードは使用できませんのでご注意ください。


フォトギャラリー




キッズキャニオニング®

ボートも道具も使わずに、その身ひとつで渓流へ冒険に出かけます。泳ぐ、飛び込む、流れる、そして空を見上げる。川の一部となって全身で自然を感じること、それがキャニオニングです。 じっくり景色を堪能したり水中の魚を見たり、スライダーで遊んでみたりと、体力に自信のない方や小さいお子様連れでも安心して楽しめます♪コース内一番の絶景ポイント、溶岩からなる「三段の滝」を見ながらの飛び込みは爽快感抜群です!
装備レンタル込写真データ販売あり保険料込手話OK

冷たい渓流を楽しむ秘密

Canyoning

ノースツアーのキャニオニングフィールドである横行(よこいき)溪谷は、とっても水が美しいかわりに、大人もビックリするくらいとっても冷たい!体脂肪が少なく体が小さいお子様もできるだけたくさん遊べるように、キャニオニング発祥の地である本場ヨーロッパのスペインから専用のウェットスーツを直輸入。動き回るための機動性を大事にしたデザインでありながら、5mm厚のロングジョン(つなぎ)+5mm厚のジャケットがお子様の体温を守ります。
Canyoning
日本で市販されているウェットスーツは、海用だと1mm~3mm厚、川用として売られているものでも3mm~5mm厚がほとんどです。寒くてあんまり遊べなくなっては意味がない!お子様のためのこのウェットスーツ、2018年シーズンから導入いたします!
※主に小学校低学年のお子様がこちらのウェットスーツ適用になりますが、身長や体型によってこちらではなく大人用のウェットスーツになる場合があります。

詳細

6,000円/人  小学生4,000円/人

ウェットスーツ、リバーブーツ、ライフジャケット、ヘルメット、手袋、その他必要に応じた用具は全て無料で貸し出しいたします。

服装・持ち物

水着 タオル ビニール袋

注意事項

●川の中でコンタクトレンズを紛失する恐れがあります。使い捨てのものをご用意いただくか、水中メガネ等をご持参ください。
※身長110cm未満のお子様がいる場合は必ずご予約前にご相談ください。
※当社安全基準により安全なツアー催行ができないと判断した場合、前日もしくは当日の朝に中止連絡を差し上げることがあります。予めご了承ください。

午後の中止率が高くなっています

午前17.1% 午後29.0%

この数字は、ツアーの中止率です。せっかく計画した楽しい旅行だということは承知しておりますが、アクティビティを中止することは珍しいことではありません。もちろん意地悪ではなく安全を優先してのことですので、どうぞご理解ください。台風などの災害により多少の数字の上下はありますが、過去のすべての年において午後の中止率の方が高くなっているのには理由があります。キッズキャニオニングのフィールドは高い山のそばなので、夏場の晴れた日には、早ければ13時ごろから夕立(ゲリラ豪雨)が発生することがよくあります。そうなると、キャニオニングコースは1時間以内に濁流になってしまいます。集合していただいた時点で雨が降っていなくても、雨雲の量と風向き、天気予報を見て中止にすることがあります。

水着、ラッシュガードについて

水着について

体温を守るため痩せている方ほど体型にピッタリのウェットスーツを着ていただきますが、そのぶん着用が大変です。とくに小学校低学年で痩せ型のお子様、力の弱いお子様はウェットスーツを着るのに苦労する場合がございます。ラッシュガードを着ていると滑りがよくウェットスーツを着るのがスムーズになりますので、わざわざ買い足していただく必要はありませんが、ラッシュガードとラッシュレギンスがあると便利です。逆にあまりオススメできないのは、フリルや飾りが多かったりオーバーサイズのデザインの水着やラッシュガードです。ウェットスーツの中でよれてしまうので気になったり痛かったりする場合がございますので、心配な方は当日ご相談ください。

予約する

クレジット決済ができるのは予約時に選択していただいた場合のみです。店頭でクレジットカードは使用できませんのでご注意ください。

MOVIE